美麗綺女
»ホーム »デリケートゾーンのケア、石鹸で洗いすぎるとトラブルに!石鹸選びで重要なコト3つ

デリケートゾーンのケア、石鹸で洗いすぎるとトラブルに!石鹸選びで重要なコト3つ

デリケートゾーンを石鹸で洗うとき
デリケートゾーンを石鹸で洗うとき、市販の石鹸で強く洗いすぎてないですか?

デリケートゾーンと市販の石鹸では成分も刺激もかなり違ってくるので、肌荒れを気にする方やニオイを気にする方は市販の石鹸ではなく、ちょっと高くても専用の石鹸を買うことの方が多いんです。
デリケートゾーンのケアでも使われる石鹸とはどんなものなのか?

デリケートゾーン用の石鹸選びで重要なコト3つを踏まえて、紹介しますので、気になる方は見ていってください。

デリケートゾーンの石鹸選びで重要な目次

デリケートゾーン用の石鹸と市販の石鹸

デリケートゾーン用の石鹸と市販の石鹸

デリケートゾーンを洗うときに使う石鹸は市販の物を使っていますか?それとも、ちょっと高くてもデリケートゾーン専用の石鹸を使うようにしてますか?

デリケートゾーンは他の肌より何倍も弱いので、ちょっとの刺激でくろずんだりヒドイ状態だと病院にまで行かないといけなくなるので、ここで市販の石鹸とデリケートゾーン用の石鹸の違いについて紹介します。

市販の石鹸にはデリケートゾーンを洗う時に使うとあとあと大変になる成分が入っています。
その成分は「界面活性剤」「パラベン」「合成着色料」「合成香料」といったものです。科学的に合成された上記の成分を使うと、痛みやバリアー機能の低下、妊娠率の低下などが起こってしまうのでデリケートゾーンをあらうのであればこの4つはどうしても避ける必要があります。
デリケートゾーン専用であれば上記の4つは入っていないので肌が弱い方でも使うことができるんです。

デリケートゾーン用の石鹸を選ぶ時の重要なコト①成分

成分

デリケートゾーン用の石鹸を選ぶ時、まず値段の次に成分を確認しますよね。
特に肌が弱い方やアレルギーをもった方などは気に掛けて商品に入っている成分をネットで調べたり、お医者様に相談なんかもされるのではないでようか?

デリケートゾーン用の石鹸を選ぶときに必要なのは、まず入っている成分が天然のものなのか、科学的に合成されたものなのかを見る必要があります。
市販の安い石鹸には科学的に合成された洗浄成分が強いものが多いので、使うとヒリヒリしたり、元々あったバリアー機能を壊す可能性があるので私はあまりオススメしていません。
デリケートゾーンにつかうのであれば、天然の洗浄成分の強いものを使うと刺激もなくニオイも黒ずみもなくすことができるので石鹸を選ぶのであればこの天然成分入りがオススメですね。

デリケートゾーン用の石鹸を選ぶ時の重要なコト②低刺激

低刺激

デリケートゾーンは特に生理中や生理前になると敏感。
市販の石鹸で洗うとなんだかヒリヒリしてかゆみや痛み、腫れたりしてないですか?
市販の石鹸には刺激成分も多く入っているので、トラブルを起こしやすい。

デリケートゾーンに使う石鹸だからこそ、「低刺激の弱酸性」を選ぶとそれほど肌にダメージをつけることなく普段でも洗うことができるので特にニオイや黒ずみが気になって毎日したい方には使って欲しいです。

デリケートゾーン用の石鹸を選ぶ時の重要なコト③うるおい

うるおい

デリケートゾーンを洗うとどうしても乾燥してしまいがちになるので、キレイにしたあとは保湿してあげてください。ただ、市販の保湿液をそのまま使うと痛む場合があるので、保湿成分配合の石鹸を使うか、デリケートゾーン用に作られたクリームを使ってください。

デリケートゾーンを石鹸で洗う時の正しい方法

デリケートゾーンを石鹸で洗うとき、正しい洗い方をしてますか?
デリケートゾーンを間違った方法で洗うと、トイレのたびに痛みが走ったり病気になったり大変なことが起きてしまうので、大惨事を招かない為にも、ちょっとでいいので正しい洗い方をココで知って、今日からでもやってみてください。

洗い方①

石鹸はなるべくパフや泡立ちネットを使って細かい泡を作ります。
泡立てたらデリケートゾーンに優しく当てるのですが、当てるだけでは汚れは落ちないので指の腹で爪を立てずに前から順に後ろへと優しく洗い落としてください。

洗い方②

石鹸で汚れを落としたら次は鏡で汚れ残りがないかチェックしてみてください。汚れがまだ残っていた場合は指で擦り過ぎに注意してとってあげてください。汚れが落ちた後はシャワーですすげば終わりです。

洗い方③

シャワーですすいだあとは、石鹸で肌の水分が奪われていることがあるので、デリケートゾーン用のクリームで保湿してあげれば黒ずみ予防になるのでやってみてください。

おわりに

デリケートゾーンの気になるニオイや黒ずみ、不快なオリモノは汚れや細菌が原因。綺麗好きな方は特に気にして洗うので石鹸を使うときは細心の注意をしてないといけません。
毎日使う石鹸だからこそ、デリケートゾーンにも使えて肌に優しく石鹸を選んでみませんか?