美麗綺女
»ホーム »ニキビや肌対策の前に。自分の肌をチェック!肌の種類4つと洗顔方法4つ

ニキビや肌対策の前に。自分の肌をチェック!肌の種類4つと洗顔方法4つ

肌の種類
肌の種類は大きく分けて4つ。敏感肌、オイリー肌、乾燥肌、複合肌。
肌の種類を事前に知ることで、ケアの仕方は断然アップしますし、集中的に対策ができます。今回は肌の種類と、肌の種類に合った洗顔方法を紹介しますので参考までにどうぞ!

肌の種類①びんかん肌

肌の種類1びんかん肌

肌がすぐ荒れたり、化粧水ですぐにピリピリ、ヒリヒリするのは敏感肌の証拠。

肌が敏感な人はニキビができたあとのケアが大変。ニキビ用の洗顔に化粧水を買ったのにさらに赤いニキビができたりなんてことも。
肌が敏感だと、添加物のケア商品や殺菌作用のケア商品を使っても悪化させる場合があるので注意。

肌の種類②オイリー肌

肌の種類2オイリー肌

肌がオイリーな人は汗っかきか、毎日化粧をして夜落とせずにいる人。生活サイクルが乱れてる人に多い。
肌が油っぽくて、洗顔してもベタベタだったり、あぶらとり紙を常備して額や、鼻の頭を拭き取ったり、汗で化粧が流れるから直す回数が増えがちなんてことも。
肌がオイリーだと、汚れも付着しやすいので、ニキビや肌トラブルを引き起こしやすいので注意。

肌の種類③乾燥肌

肌の種類3乾燥肌

肌が乾燥してると、なんだか化粧ののりが悪かったり、化粧水や保湿乳液を使っているのに、すぐカサカサするなんてことも。
肌の乾燥は、シワやシミの原因や、肌ダメージを悪化させるので注意。

肌の種類④複合肌

肌の種類4複合肌

肌にはそれぞれの親からもらった性質を受け継ぐ場合があるので、顔半分は乾燥するけど、下半分はオイリーだったり、乾燥しやすく敏感なんてことも。日本人のほとんどは複合肌の人が多いと聞くので、皮膚科のお医者様に相談するか、自分で化粧品やケア商品をずっと一緒の物を買うのではなく。肌に合う物にその都度、替えていくのがオススメです。

肌をキレイにしてくれるオススメケアコスメ

肌をキレイにしてくれるオススメケアコスメ

肌を乾燥やニキビなど、肌トラブルに効くオススメコスメを紹介!
肌にできたニキビ跡や背中ニキビをケアしてくれる。
【ジッテプラス(jitte)】
ジッテプラスは、保湿力が抜群に良くて。ニキビを絶対治したい人達に人気なんです。
肌にできたニキビの他にも、保湿力がすごいのでシワにも効いて、顔や体に使えるケアコスメなので、一度試してみて下い。

肌の種類にあった洗顔方法①びんかん肌

肌の種類にあった洗顔方法1びんかん肌

肌が敏感な人は、無添加の刺激の弱い洗顔フォームか、弱酸性の洗顔フォームがオススメ。
肌が敏感の場合、洗い方も大切で。ゴシゴシ力ずよく洗わないと汚れが落ちないっと思っている人のも知って欲しいんですが、力まかせでも毛穴に入った汚れは落ちにくいので、クリーム泡洗顔などの泡が多いもので優しく肌をなでてください。泡は細かいほど、毛穴に届いてしっかり汚れを落としてくれるので、力は必要ないんです。

肌の種類にあった洗顔方法②オイリー肌

肌の種類にあった洗顔方法2オイリー肌

肌がオイリー肌の人は、汚れが付着しやすいので、洗顔をこまめにするのが良いですよ。でも、しすぎると、必要な皮脂もとれてしまうので、朝と夜の二回にわけてするのがベストです。あと、オイリー肌専用の洗顔や化粧水などが最近売っているので、使うと良いですよ。

肌の種類にあった洗顔方法③乾燥肌

肌の種類にあった洗顔方法3乾燥肌

肌が乾燥している場合は洗顔するとさらに乾燥していまうので、保湿力たっぷりの洗顔や化粧水、乳液を選ぶといいです。
肌の保湿を保つことで、乾燥からまもったり、傷つかないようになるので、ニキビやトラブルを防ぐことが出来ます。

肌の種類にあった洗顔方法④複合肌

肌の種類にあった洗顔方法4複合肌

肌が複合しているな、って思った人は、まず、美白にしたいのか、トラブルを防ぎたいのかを選んで、それに見合った洗顔化粧品を選ぶのが良いですよ。最近は複合肌にあう洗顔や化粧品が売られてますが、そんなに数があるわけでもないので、ケアしたい方法に合わせて選ぶのがベストです。

おわりに

おわりに

肌は外の攻撃をつねに受けています。自分に合った方法を知ることで、集中的に防ぐことができるので、是非参考にしてみてください。