美麗綺女
»ホーム »日焼け後の赤み、どうにかして!オススメの対策法6つ

日焼け後の赤み、どうにかして!オススメの対策法6つ

日焼けを未然に防ぐ
日焼けを未然に防いでいても赤くなったり、黒くなったしは、します。
日焼けを完全に防ぐことは出来ませんが、ケア次第で、次の日に痛くなったり、皮がむけたりを軽減することはできます。今回は赤くなった時のオススメ対処法を6つ紹介しますので、参考までにどうぞ。

日焼け後のオススメサプリ

日焼け後のオススメサプリ

日焼け後、ケアしても肌ダメージは蓄積され、シミやシワの原因に。日焼けしてできたダメージを軽減して、ケアしてくれるオススメサプリがあるので先に紹介させてください。最近話題の成分”ニュートロックスサン”を知ってますか?

日焼けをする前と後どちらかで、ニュートロックスサンを摂取すると、紫外線を抑えてケアしてくれるです。その、ニュートロックスサンが入ったサプリがコチラ↓
【雪肌ドロップ】
雪肌ドロップは紫外線を防ぐ他に、美白肌にしてくれる成分がいっぱい入っているんです。ずっと使うとさらにもっちり肌も手に入れることが出来るので、オススメです。

日焼け後の赤みケア①冷やす

日焼け後の赤みケア①冷やす

日焼けはいわゆる、ヤケド
日焼けした後に赤くなったり、ピリピリするのは焼けた皮膚が外側の攻撃から守れなくなって、炎症している状態。炎症を抑えるにはしっかり冷やしてあげるのが大事。
日焼けした皮膚の下にある血管も冷やすことで、ピリピリも抑えられます。近場に氷水があればタオルをつけて、赤くなった肌を覆うように当てるといいですよ。

日焼け後の赤みケア②化粧水、乳液

日焼け後の赤みケア②化粧水、乳液

日焼け後の赤みは炎症しているので、直に化粧水や乳液を塗ると悪化する可能性があるので注意が必要。肌をしっかり冷やして、キレイにしたあとに消炎効果のある日焼け後用のローションか化粧水で保湿してあげましょう。ローションや化粧水を事前に冷やすと、さらに冷却効果がうまれるのでオススメです。

日焼け後の赤みケア③ワセリン

日焼け後の赤みケア③ワセリン

日焼け後の赤みがどうしてもひかない場合は、市販の白色ワセリンを買って、赤みがヒドイ場所に塗って、サランラップで塗った場所を覆ってください。ラップがよれて来たらとりかえるという具合に1日1から2回やってください。それでも治らなければ、病院へ行かれるのをオススメします。

日焼け後の赤みケア④かゆみ

日焼け後の赤みケア④かゆみ

日焼け後に赤くなってかゆくなりますよね、かゆみの原因は皮膚の水分が日焼けによって蒸発し乾燥したからなんです。かゆみを抑えるためには水分を補給して保湿してください。オススメは”馬油”を塗るとよくなりますよ。

日焼け後の赤みケア⑤保湿

日焼け後の赤みケア⑤保湿

日焼けした後は皮膚表面の水分が蒸発して乾燥するので、乾燥を防ぐために、日焼け止めを塗る前に保湿乳液か保湿クリームを塗るのをオススメします。

日焼け後の赤みケア⑥水分補給

日焼け後の赤みケア⑥水分補給

日焼け後は内側も外側も水分が不足します。ついでに体の塩分もなくなるので、ダルさがきます。不足を補う為に塩分と水分をしっかりとりましょう。オススメとしては、生理食塩水か、スポーツドリンクを飲むといいですよ。スポーツドリンクには少量のドリンクに体の水分と同じ水分がはいっているので、よくからだの内側に循環するんです。

おわりに

おわりに

最近よく熱中症で倒れたり、日焼け対策してるのに赤くなってしまって困っているひとが多いので、こまめな水分補給と、こまめなケアが大事!!倒れては元も子もありませんからね。このページが日焼け対策のキッカケになれれば幸いデス。