美麗綺女
»ホーム »ニキビを治すための化粧水、乳液。選ぶにはどうしたらいいの?市販でも売ってるニキビにきく成分5つと食べ物4つを紹介

ニキビを治すための化粧水、乳液。選ぶにはどうしたらいいの?市販でも売ってるニキビにきく成分5つと食べ物4つを紹介

ニキビのできた顔
ニキビのできた顔に洗顔したり、化粧水をしたあとシミたり、ヒリヒリしたことないですか?それは洗顔や化粧水の成分がお肌に合っていないから。
洗顔や化粧水を安く、すぐに買い替えないために、ニキビに良いとされる成分と合わせて食べ物を紹介。

ニキビにいい成分①大豆イソフラボン

大豆イソフラボン

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンににた働きをしてくれるので、お肌の酸化をふせいでくれたり、更年期に起きる体の不調や心の不安を取り除いてくれるスーパー成分。女性の肌のハリを作ってくれます。

ニキビにいい成分②ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

ビタミンCとは違って、お肌により多く浸透する成分。
ビタミンC誘導体は、お肌の油が余分に作られるのを抑えたり、炎症をおさえてくれる他に、毛穴もひき締めてくれるから、汚れもはいり込まなくなるんです。

ニキビにいい成分③ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はご存知の通り、お肌にうるおいを持たせて、ガードしてくれる成分。お肌の深層部にある水分を逃がさい為にもヒアルロン酸は必要不可欠。

ニキビにいい成分④グリチルリチン酸

グリチルリチン酸

ニキビの炎症をおさえて、敏感な肌にも使える天然成分。ニキビに悩んでいる人の強い味方。抗炎症作用が強いために皮膚科でも使われているけど、使用量を間違えると副作用がでるので、注意が必要な成分。でも、市販で売られている物は副作用が出るほどいれてなくて、法律で決まった量しか入れて無いから安心して。でも、アトピーがある人はお医者さまに相談しよう。

ニキビにいい成分⑤植物プラセンタ

植物プラセンタ

美肌にしてくれるアミノ酸やビタミンが豊富、植物由来だから安心して使える成分。ニキビ跡から綺麗な美白肌にするためには絶対必要で、疲労回復やホルモンバランスも整えてくれる魔法の成分

ニキビを徹底的に治したい人に。

ニキビを徹底的に治したい人に

ニキビを徹底的に治したい人は、まず「洗浄」「保護」「作らせない」を守らないとダメ。どちらかが欠けると、またニキビができて治すのに時間がかかる。そこで3つを全て持っているコスメを紹介。このコスメは、ニキビの他に背中のニキビにも効果的で、短期間でニキビを治してくれるんです。
今まで、ニキビのあった顔に化粧水や乳液、洗顔を使うと、荒れたりした人には是非使ってみてほしいんです!!↓
ジッテプラス

ニキビにいい食べ物①レバー

レバー

ニキビは、内蔵が悪いと出来ることもあります。そこで、血行をよくしてくれる「鉄分」が必要になり、血行が良くなると体調をととのえてくれたり、内蔵の冷えも押さえて、活発にしてくれるんです。その「鉄分」を多く含んでいるのがレバー。今生で食べると食中毒がおきるので、加熱殺菌したものが多いですが、鉄分は加熱しても大丈夫。レバーの味が苦手の方は、ショウガと一緒に甘辛煮込みにすると味が薄れるのでオススメ。

ニキビにいい食べ物②レモン

レモン

レモンにはビタミンCがたっぷり。オススメはレモンのはちみつ漬けをハムとレタスを一緒にトーストに挟んで食べること。私の味覚がおかしくなければ、結構おいしいですよ。

ニキビにいい食べ物③キウイ

キウイ

今注目のキウイフルーツ。栄養価が高いバナナより、食物繊維やミネラル、ビタミンが多く、美容にすんごくいいフルーツ。ヨーグルトと一緒に食べるのがオススメ。

ニキビにいい食べ物④鳥肉

鳥肉

牛肉よりヘルシーな鶏肉にはゼラチン質が豊富で、たんぱく質も豊富。ダイエットにも効果的で、乾燥したお肌を保湿してくれるんです。他にもビタミンが豊富だから、目の疲れやホルモンバランスを整えてくれるのでオススメ。煮込む料理にすると余計な油を採らなくてすむからトマトと一緒に煮込むのがオススメです。

おわりに

おわりに

化粧品を選ぶ時、ニキビ用のポップを見るのも大事ですが、ラベルの成分も確認すると、よりニキビを根本的に治すことができますよ。ラベルまで見るのは面倒かもしれないですが、自分のお肌の為になるので、ドラックストアで化粧水、乳液を買うときは一回見てみて下さい。