美麗綺女
»ホーム »オイリー肌だけど、実は乾燥していた!!衝撃の事実5つとケア3つ

オイリー肌だけど、実は乾燥していた!!衝撃の事実5つとケア3つ

オイリー肌は生まれつき
オイリー肌は生まれつきとか、思春期のものだと思っているひと、危険です。
オイリー肌はいつなんどき起こるかわからないんです。
オイリー肌の衝撃の事実5つとケア方法3つをピックアップ!

オイリー肌、衝撃の真実①乾燥

オイリー肌、衝撃の真実①乾燥

オイリー肌と思って実は、肌の深層部は乾燥してることがあるんです。
肌をまもる皮脂が多く分泌させるのは、深層部の乾燥を防ぐために過剰に働いている場合もあって、大人の場合は過剰に働いていることの方が多いワケです。

オイリー肌、衝撃の真実②ケア

オイリー肌、衝撃の真実②ケア

オイリー肌の人の中には、思春期から大人になり始めている年代が危険。ターンオーバーっていて古い肌を新しい肌に変わろうと、身体の内側から外に押し出していることを言って。ターンオーバーは思春期と大人とでは周期がちがうんです。
オイリー肌は思春期が多いのは、ターンオーバーの周期が短いので、傷の治りも早い。逆に20代を過ぎて大人になっていくと、周期は長くなって、治りが遅いってワケです。
オイリー肌は、ターンオーバーの周期をしっかり把握していないと、誤ったケア方法をしてしまうので注意。

オイリー肌、衝撃の真実③紫外線

オイリー肌、衝撃の真実③紫外線

オイリー肌の人は、特に注意してほしいのが紫外線。紫外線によって肌の油が酸化して毛穴に溜まっていくと、黒ずみやニキビの原因に。
オイリー肌の人は、黒ずみやニキビが他の人よりできやすいので、外出時は余分な油分が出ないように保冷対策や美容オイルを控えた方がいいかも。

オイリー肌、衝撃の真実④ニオイ

オイリー肌、衝撃の真実④ニオイ

オイリー肌の人のほとんどは、なぜか顔がくさい?なんて思ったひとが多いハズ。
オイリー肌の人は、余分に皮膚から油が分泌されているので、紫外線によって酸化しやすく、黒く焼けやすいのはもちろん。酸化した油は臭いを発します。体臭がったり、頭皮から臭うのも油が酸化したからなんです。

オイリー肌、衝撃の真実⑤保湿

オイリー肌、衝撃の真実⑤保湿

オイリー肌だと思って水分補給と保湿をしてないと、乾燥がさらに悪化して、トラブルを招く原因に。いくら肌の油が乾燥を防いでいるとはいえ、オイリー肌は紫外線に弱いので、すぐに水分は蒸発して油は酸化するんです。肌の奥にある水分を守るものがなくなると、乾燥はどんどん深刻化していって、取り返しのつかないことに。

オイリー肌は紫外線に弱い!

オイリー肌は紫外線に弱い

オイリー肌の人も、そうでない人も紫外線は女性の大敵です!!
オイリー肌の人は、特に、黒ずみや黒く焼けるのが気になりますよね。黒ずみや、焼けを治そうにも、中々治ってくれないなんてことも。そんなときは体の内側からも治す力を強くするのがいいんですけど、中々難しいですよね。
安心してくだい。
最近、体の内側から紫外線をケアしてくれる成分が10年かけて開発されたんです!その名も、“ニュートロックスサン”

ニュートロックスサンはすごい!

ニュートロックスサンはすごい

ニュートロックスサンは、紫外線で皮脂が酸化するのを抑えて、炎症も抑える。ボタニカル成分だから、身体に優しいんです。他にも肌にダメージを与える活性酸素も押さえてくれるからすごく頼りになるんです!
オイリー肌の人でも安心して飲める、ニュートロックサンを使ったサプリが今人気で、特に女性に人気なのがコチラ↓
【雪肌ドロップ】

雪肌ドロップは、一度使うと手放せなくなるんで、一回試してみて下さい。

オイリー肌の為のスキンケア①

オイリー肌の為のスキンケア

オイリー肌の人はとにかく小鼻や額に汗が溜まりやすい。油とり紙で拭き取ったり、毛穴パックで汚れをとったりする頻度が高いなんてことも。油は取り過ぎると乾燥や肌ダメージが深刻になるので、やりすぎ注意。余分な油分を取りたい場合は、ティッシュなので、軽く当てるだけでもOK。

オイリー肌の為のスキンケア②

オイリー肌の為のスキンケア

肌の油は取り過ぎ注意。クレンジングなどで、洗浄力の強いものを選びがちになると、あごのラインなんかの、皮脂が少ない場所も余分にふき取ってしまって、肌アレになるんで注意してくださいね。
オイリー肌の人も肌はデリケートなので、スクラブ入りや添加物が入ったものより、無添加が多い固形のせっけんを使うのがオススメです。

オイリー肌の為のスキンケア③

オイリー肌の為のスキンケア

オイリー肌でも目の周辺や口周りは乾燥しやすいので、保湿が大事。保湿してあげないと、小じわの原因にもなるから、注意して下いね。。

おわりに

おわりに

オイリー肌だった思春期とくらべて、今は年を取ったのか、乾燥が目立ちはじめてます。
オイリー肌はいつまでもオイリーとは限らないので、一度自分の肌を鏡なんかでチェックしてみて。今までしていたケア方法を変えるチャンスですよ。