美麗綺女
»ホーム »敏感肌はいくらケアしても荒れる!!敏感肌にあう紫外線ケア3つ+肌ケア3つ

敏感肌はいくらケアしても荒れる!!敏感肌にあう紫外線ケア3つ+肌ケア3つ

敏感肌の人の特徴

敏感肌の人の特徴は、とにかくなにをやっても、かゆくなるし、ヒリヒリすること。
化粧をした後なんかは、酷い人だと赤くなったりしたなんてことも。敏感な肌にはとにかく刺激を与えないようにするしかない。特に、紫外線と化粧は肌への攻撃がハンパない!!敏感肌のための紫外線ケア3つと肌ケアを3つ紹介!!

敏感肌の紫外線ケア①日焼け止め

敏感肌の紫外線ケア1日焼け止め

敏感肌は刺激を嫌う。刺激を与えずに日焼け止めをするためには、塗るタイプよりもスプレータイプやパウダータイプがオススメ。パウダー系のファンデーションでも光を分散してくれる効果があるので、軽く肌にあてるだけでも効果はあります。ただ、効果が低いものもあるので、紫外線が強い日は外出を避けるほうがいいかも。

敏感肌の紫外線ケア②服

敏感肌の紫外線ケア2服

敏感肌をより刺激から守る為には服にも気を使わないといけないんです。服の繊維がこすれて肌荒れする場合もあるんですけど、肌を紫外線から守るには袖や裾が長めでないとカバーできない。けど、夏場には暑い!なんてことも。今はUVカット素材が入っている服が売っていて、快適に過ごすことが可能に。でも、気をつけないといけいのが洗濯する時。洗濯するにつれてUVカット素材の効果が薄れるものもあるので、注意してくださいね。

敏感肌の紫外線ケア③アフターケア

敏感肌の紫外線ケア3アフターケア

日焼け止めクリームは洗ってもベタベタするときありませんか?
敏感肌の人は、アフタケアーがものすごく大事。紫外線を防ぐためにしっかり塗り込んだクリームを落としきれずに、肌荒れを起こすなんてことも。逆に、日焼けクリームをしっかり落とそうとして皮膚が赤くなったりで最悪なパターンに。紫外線を浴びた後は石鹸など、低刺激のボディーソープで洗ったあと、無添加の化粧水や乳液を塗るのがベスト。添加物や薬用などはかえって肌に刺激を与えるので、天然でできた物を使うのがいいですよ。

敏感肌は体の中から紫外線ケア!!

敏感肌は体の中から紫外線ケア

敏感肌の人は日焼け止めのクリームやスプレーを使っても赤くなったり、かゆくなったり。効果が見られなかったりで残念な結果に。そんな人に知って欲しいのが、飲んで日焼けを抑えるサプリ。文字通り、水と一緒に飲むだけで、日焼けを内側から押さえてくれるので、肌が荒れることはまずないというワケ。そんな、飲む日焼け止めサプリで、今人気なのがコレ↓
“雪肌ドロップ”

雪肌ドロップって何?

雪肌ドロップって何?

雪肌ドロップは、とにかく飲んで、内側から紫外線を抑えてくれるから、敏感な人にはうってつけのサプリ。詳しくは、紹介しているページがあるので一度見てみてください。↓雪肌ドロップ

敏感肌の肌ケア①化粧水、乳液

敏感肌の肌ケア1化粧水、乳液

敏感肌用の化粧水や乳液は今、売られてはいますが、使用するときは気を付けた方がいいですよ。商品ラベルにも書いてるんですけど、使用して3日以内に、かゆくなったり、荒れたりした場合はもったいないですけど、使うのをやめていた方がいいです。

敏感肌の肌ケア②入浴

敏感肌の肌ケア2入浴""

入浴の時も、肌はダメージをうけます。
敏感肌は特に熱湯だとダメージをかなり受けるので、人の体温と同じくらいの温度で入るのがベスト。入浴剤を入れる場合は、湯船から上がったあとしっかりシャワーでお湯をおとしてからタオルでふくといいですよ。

敏感肌の肌ケア③洗顔

敏感肌の肌ケア3洗顔

敏感だと、洗顔にもこだわりますよね。肌を傷つけないように、優しく落とすのはもちろん。洗顔料もこだわりがあるはず。でも、なかなか合わなかったりしませんか?人の肌は敏感以外にも鼻やおでこ、ほほなど、肌の性質がそれぞれちがうんです。これいいかも?っと思ってつかっても、違うところが荒れるのはそのためです。ネットでオススメされている洗顔フォームや化粧品が合わないのもこのため。だから、根気よく自分にあう洗顔フォームを探すのが肌ケアの一歩なんです。

おわりに

おわりに

敏感肌は何かと不便。敏感すぎて、化粧したくない!って人もいるのでは?
敏感肌でも、ケア次第でよくなったり、化粧も工夫すれば怖くない!カワイイは作れる!今からでも、初めてみませんか?